40代男性体の悩みガイド

40代であそこが小さくなってきた。大きくする方法はある?

若い頃は気にしていなかった人も、40代になってアソコがサイズダウンしたような気がすると悩む男性は結構いるのではないでしょうか。男同士の会話であっても小さくなったなんて人に話したくはないものです。ひとりで悩んで、自信がなくなっていって、夜を楽しむこともできなくなってしまったなんていうのもよくある話です。

 

人間は30代を過ぎるとだんだんと体力が低下していきますが、普段から運動していたり筋力をつけている人は若々しい体力を維持していたりします。
それと同じで、アソコも年齢とともにだんだんと衰えがでてくるのです。勃起することが減ってきてしまうと機能低下していって十分に勃起できなかったりしてサイズダウンしたと感じるのです。また、中年太りが始まってしまうと脂肪がつかないアソコが小さく見えてしまうというケースもあるようです。

 

40代といってもまだまだ現役。できることなら夜だってもっと楽しみたいです。それなのに小さくて十分に硬くならない状態だったら女性にがっかりされてしまいます。自分に自信がなくなってしまうと余計に勃つものも勃たなくなるというものです。

 

大きさを取り戻すということはできるのでしょうか。
ある研究結果では週に1度セックスしている人より、週に2度セックスしている男性は勃起能力が高いというものがあります。つまり、普段から勃起する機会を作るということが大切です。ひとりでするのでもいいでしょう。
とはいえ、40代ともなると奥さんと週2度するなんていう夫婦は少なくなります。お互いが若いころのままの性欲を保っていられれば別ですが仕事や子育てなど様々な環境でそうもいかなくなります。

 

他には、アソコを増大するサプリを飲んでみるという手もあるでしょう。サプリに頼るなんてと思うかもしれませんが、服用することによって自信を取り戻せれば奥さんとの夜だって恋人同士だった頃のように楽しめはずです。男として見直してもらえるかも?

 

 

40代で早漏は恥ずかしい。鍛える方法はある?

若い頃は女性を満足させるまで硬さを保っていられたのに、40代になったら早漏になってしまったと悩む人が増えているようです。
体力も自信があるというのに、いざ挿入してすぐイッてしまったり、口でしてもらって出してしまいそこから勃たなくなったなんてなると、女性は満足できず呆れてしまうことでしょう。自分だって恥ずかしいって思ってしまいますよね。すぐイッてしまって恥ずかしい思いをするのはできれば避けたいものです。自信のない男性、満足できない女性…そのままではお互いにどんどんと精力が下がってしまうことでしょう。
酷いとそのままEDになってしまうこともあります。女性からは男としては見られなくなってしまうかもしれません。男してそれは屈辱的でもあります。

 

若い頃は刺激に敏感すぎてすぐに出てしまったというものと、歳を重ねてからの早漏は原因が違います。
40代頃になると男性ホルモンが減少してきます。すると性欲が低下してきたり勃起不全になったりしてきますが、その症状の1つとして早漏があります。脳が早く射精しろと命令してしまうのです。他にも仕事のストレスなど精神的理由があるケースもあります。
また、早漏は射精をコントロールする筋力が弱まっている状態ですが、その筋力を自ら鍛えようとするのはなかなか難しいものがあります。普段意識して使う筋力ではないからです。インターネットなどでは様々なトレーニング法などの情報が溢れていますがどこまで信憑性があるかはわからないものです。

 

まずは日々のストレスを軽減し、健康的な生活を心がけることが大事です。健康な身体であることは健全な勃起力を高めることになるからです。
それがなかなか難しいということであれば、精力剤などのサプリを服用してみるのもいいでしょう。自分に自信が持てるようになるということは、自然と徐々に男性ホルモンが活発になってくるからです。
何よりも自信を取り戻すというのは大切になってきます。

 

 

40代で仮性包茎。治す方法はある?

40代にもなって仮性包茎で恥ずかしいという思いを持つ人は多いです。手慣れた男性というイメージもついてくる40代で、童貞のようなアソコというのはコンプレックスなものです。
いざ女性と対面した時には問題なくとも、温泉や銭湯に行った時など、あいつ包茎だ…なんて影で思われているかもしれません。童貞でなくてもそう見られてしまうかもしれません。
海外では日本ほど包茎を気にする人はいません。被っている方が普通なくらいですが、日本ではそうではありません。やはり気になる人は若いうちに手術をしたりすることもあるでしょう。

 

普段からきちんと洗って清潔にしれいれば手術が必ず必要というものではありませんが、アソコの問題はデリケートなもの。包茎だということだけで自信が持てなくなり精力低下に繋がっていってしまうという可能性もあるのです。人前に見せるのを躊躇うばかりに彼女ができなかったり、いざしようとする時に引かれたらどうしようと思うばかりに勃たなかったりなんてことが続けば、勃つものも勃たなくなってしまうかもしれないのです。それは嫌ですよね。

 

手術を受けたことで人生が変わったかのようだという感想をよく見かけます。手術をしなくても自分でトレーニングにして治療したという人もいます。どちらにせよ、仮性包茎が治れば自分のアソコに自信を持てるようになるのです。温泉で常に前を隠してオドオドしている必要はありません。セックスするのも堂々と服を脱げるようになり、ムード作りに専念できますよね。もちろん、アソコにも自信が持てて、より楽しめるようになるでしょう。
手術はお金はかかりますが治療はほぼ成功しますし、セルフで治療する場合は効果がどこまででるかはわからなくても出費は抑えられます。自分にあった治療法を探してみましょう。

 

仮性包茎の場合はペニス増大サプリの服用によって治ったということもあります。サプリでは包茎だけでなく勃起力そのものが高められるので40代の中年男性には合っているかもしれません。